当院のご紹介

お問い合わせ

オンライン診察予約

CONTENTS MENU



参考文献/著書

※下記の各参考文献/著書タイトルをクリックで、各参考文献/著書へジャンプします

論文/著書

(88)上田朋宏:間質性膀胱炎 Annual Review 腎臓2006pp205-209 中外医学社(東京)

(89)上田朋宏:尿失禁 今日の診療のために ガイドライン 外来診療2006:284−288 (日経メディカル開発)

(90)上田朋宏:慢性膀胱炎の薬物療法 臨泌60(8):541-546、2006年7月

(91)上田朋宏:間質性膀胱炎の診断基準―症状か膀胱鏡かー 泌尿器外科2006年19(9)、1063-1069

(92)上田朋宏:尿が溜まると膀胱が痛くなる!間質性膀胱炎  クリニカ33(6)385-389、2006

(93)上田朋宏:間質性ぼうこう炎の診断と治療-新しい指針の確立を目指して- 間質性ぼうこう炎の診断基準 (1) 症状かぼうこう鏡か、日本泌尿器科学会雑誌 Vol.97, No.2: 196、 2006

(94)上田朋宏:2病因と病態 間質性膀胱炎診療ガイドラインpp7-15 日本間質性膀胱炎研究会編(ブラックウェル 2007.1東京)

(95)上田朋宏:特殊な病態2小児 間質性膀胱炎診療ガイドラインpp72-73 日本間質性膀胱炎研究会編(ブラックウェル 2007.1東京)

(96)上田朋宏:トイレが近い患者のケア 間質性膀胱炎. 臨床看護33(2): 233-237,2007

(97)上田朋宏:6間質性膀胱炎の薬物治療~病態をふまえた薬物治療の現状と将来~ 医薬ジャーナル43(2):101-107、2007

(98)上田 朋宏:排尿障害のすべて9間質性膀胱炎pp89-97 西澤 理編 長井書店(2007.3)

(99)上田朋宏:泌尿器科ガイドラインのエッセンス 間質性膀胱炎 Urology View15(3):112-116、2007(6月)

(100)上田 朋宏:過活動膀胱の疫学 排尿障害プラクティス15(2)9-13、2007(6月)

(101)上田朋宏:特集 間質性膀胱炎の最前線:病態の解明(2) 尿中マーカー・ 組織マーカー、排尿障害プラクティス15(3)19-24、2007(10月)

(102)上田朋宏:国際尿失禁会議からの報告2 第11回 膀胱痛症候群painful bladder syndrome (including IC) 排尿障害プラクティス1(3)69-74、2007(12月)

(103)上田朋宏, 中川雅之, 田上英毅, 吉田浩士:下部尿路症状と尿pHの関係および クエン酸塩製剤の有効性の検討-尿アルカリ化は間質性膀胱炎の症状改善に有効か-、 日本排尿機能学会誌 Vol.18, No.1:242、 2007

(104)上田朋宏:女性の排尿障害 6.間質性膀胱炎の薬物治療-病態をふまえた薬物治療の 現状と将来-、医薬ジャーナル Vol.43, No.2: 685-691、 2007

▲ページ先頭へ

※当院では、予約時間枠を他の患者様に譲渡することは認められていませんのでご留意ください。

※当院では、予約時間枠を他の患者様に譲渡することは認められていませんのでご留意ください。

当医院について

泌尿器科医として約20年間排尿管理に携わり、その経験の中で『おしっこの問題』は本人だけでなく家族や介護医療従事者に至るまで、その扱いに悩む事が少なくないことがわかっております。身近な『おしっこの問題』を年齢であきらめたり、することのないよう皆で考え、社会全体をより良くするためのお手伝いをしていきます。

当院のご紹介

アクセス・地図

Copyright (C) 泌尿器科上田クリック All Rights Reserved.